◆◇◆ Ashwini Kumar Mishra tabla ◆◇◆

          

打楽器タブラ奏者:チントゥ(Chintu)ことアシュヴィニ・クマール・ミシュラ


1978年8月10日 

インドU.P州デヴァーラ村に生まれる。


幼い頃から音楽に興味があったが、家族に音楽家はひとりとしておらず、実家は田舎でもあったため音楽を志すには困難な状況であった。 

 

11歳のころ、バラナシ市に出て兄と一緒に住み学校に通い始める。

 

15歳からインド古典楽器のタブラを始め、 Pandit Shri Jamuna Mishra から3年間最初の手ほどきを受ける。 

 

1995年 全インド音楽協議会主催のコンクール第一位
1996年 オールインディア音楽コンクール第一位
2002年 バラナシヒンドゥー大学音楽部タブラ学科修士課程修了


その後、バラナシのタブラ巨匠 Pandit Shri Lacchu Ji Maharaj に師事し今日に至る。


2000年 初来日 以降、毎年日本公演開催
2003年 フランス公演
2004年 マハトマガンディー大学 タブラ講師を勤める
2005年より日本に移住
2010年 インド共和国60周年記念 

インド総領事館主催のインド音楽・舞踊フェスティバル 「KALA UTSAV」に出演