◆◇◆ Minamizawa Yasuhiro sitar ◆◇◆

                

1986年

北インドの聖地ベナレスにて、インド古典音楽の芸術性と弦楽器シタールに魅せられ、スラワニ・ビスワス博士よりシタールの個人指導を受け始める。

 

渡印を重ね北インド古典音楽を学び、日本やインドでの演奏活動を展開する。

 

2006年3月

インド、ベナレスにて、打楽器タブラの巨匠アシューバブーのメモリアルコンサートに出演し、現地の新聞各紙で好評をうけた。

 

他のジャンルの音楽や舞踏家とのセッションもおこない、民族楽器を駆使したユニット「天空オーケストラ」のメンバーとして、1998年より、イギリスのグラストンバリーフェスティバルやフジロックフェスティバル、Rainbow2000等、野外フェスティバルに多数出演する。

 

2006年

舞踏家:Kohshou Nanami氏ととも に、フランスとドイツのツアーを行い、シタールと電子機器を用いた独自の現代音楽を提供し、各地で共演をおこなった。

 

1992年頃より

大型の弦楽器 スールバハールを手がける。

 

2010年

フィリピンの環境NPO:コルディリエラ・グリーン・ネットワーク主催のアートプロジェクト「芸術交流と新しい慰霊」に参加。

 

2010、2011年

34代続く家元、打楽器タブラの名手アリフ・カーン氏と、京都の寺院、及び岐阜県で行われたインド音楽祭サンギートメーラにて、4度共演する。