◆◇◆ PAKHAWAJ ◆◇◆

              

北インドの代表的な打楽器の一つです。

 

古代より伝わる両面太鼓パカーワジ(別名ムリダング)は、神話の時代に生まれたといわれています。

 

一木をくりぬいたボディーの左右にそ れぞれ山羊の皮がラクダの皮ひもではってあります。

 

また右側の鼓面についている黒く丸い部分は、マンガン粉(もしくは鉄粉)と小麦粉を水で練ったペーストを塗りつけては磨いて乾かす、という作業を繰り返してつけられたもので、これが多彩な音色の秘密です。

 

また左手の鼓面には水で練った小麦粉、いわばパン種を貼り付けることにより、非常に深い重低音を生み出します。